ココア効果で美容と健康対策もバッチリ/冷え性もリラックスにも大活躍

ココア効果で美容と健康対策もバッチリ/冷え性もリラックスにも大活躍 美容と健康

この季節手足の冷えがツライ。何か身体の中から温まる飲み物ってある?ココアって冬の夜の飲み物って感じだけれど、具体的にどんな効果があるんだろう?どうやって飲めばいいのかを知りたい。注意点はある?

飲むとほっこりするココアにはどんな効果があるの?冷えに効くって聞いたけどホント?こういった疑問に答えます。

About me ♡
イギリス留学を機に、日本へ出たり入ったりの生活をしています。イギリス→フランス→ベルギー→現在フランス在住。世界中どこにいても美容と健康オタクです。ブリュッセル生活で2019年勢いで全米アライアンスのヨガティーチャートレーニング(RYT200)を英語で取得。美容と健康に関することが大好きで目指すは年齢不詳の素敵な女性♡

ココア効果で美容と健康対策が手軽にできる

寒い季節の夜に飲むドリンクというイメージが強いココア。実は、寒い夜だけではなく、一年中飲むと美容と健康に大きな恩恵をもたらすってご存知でしたか?ココアの原料となるカカオ豆。カカオと言えばチョコレートと同じかなと言った感じですが、ココアは、カカオマス(カカオペースト)の油脂分(ココアバター)を減らして粉末状にしたもの。

一方でチョコレートは、ココアバターも含んだものを砂糖などを足して加工するのが一般的です。あ~、なんだか油脂を除くって言われるととってもヘルシーに聞こえちゃうのですよね。。。効果に期待が持てないわけがない!!!!

ココアを日常的に取り入れやすい理由は、スーパーマーケットなどで手軽に手に入るし、そんなにお値段も高くないので定期的に飲んでリピートができる点です。こんな好条件が揃ったココアを知らないわけにはいきません。

ではなぜそんなにココアがイチオシなのか、私たちの身体にどんな影響が期待できるのか見てみましょう。

最強ココア効果伝説5つ/冷え性もリラックス効果にも大活躍

その① : 冷え性対策

実は生姜よりもココアの方が身体のポカポカ感が持続するってご存知でしたか?私も実は生姜最強~!と思って、手足が冷えると

  • 生姜紅茶
  • 生姜湯
  • 生姜はちみつティー

をせっせと自分で作っては飲んでました。でも、昨年に日本帰国した時にふと目にした冷え性対策のテレビ番組に目が釘付けに。生姜ドリンクを飲んだ場合とココアを飲んだ場合(その他の飲み物もあったな)の体温の持続率について検証をしていたのですが、飲んだ後の15分以降は、生姜よりもココアの方が手の温度が元に戻るのが緩やかであるという結果に。身体全体で言うと生姜もさほど違いはないですが、ココアって地味ながらも大健闘で、ちょっとびっくりしたのです。

その② : アンチエイジングや病気に大活躍

ココアにはポリフェノールが含まれてるので、抗酸化作用があります。

ゴリゴリのおなじみの病気軍から身体を守る
  • がん
  • 生活習慣病
  • 動脈硬化
  • 高血圧

身体を活性酸素から守りアンチエイジング
  • 肌のシミ
  • たるみ
  • くすみ
  • 水分量の低下   などなど、肌の老化を防ぎます。

その③ : 脳の活性化を促す

脳は神経細胞のかたまりで、その中でも新しいことを記憶する役目の海馬(大脳辺縁系にあるよ)の神経細胞を発達させるたんぱく質「BDNF(脳由来神経栄養因子)」が減ると

  • 記憶力の低下
  • 判断力が鈍る

といったことが起こります。

残念ながら年を重ねるごとに、年々BDNFは減っていってしまいます。そこで、注目されているのが高カカオの効果。ココアには、BDNFを増やして認知機能を向上する可能性があると研究で発表されているんですって。

その④ :  ほっこりリラックス効果

ココアを飲むとほっとする~。ほやーん。

身体の中からリラックスしませんか?それは、脳内物質のセロトニンに働きかけてリラックスさせる作用がある苦み成分のテオブロミンが含まれているからです。

その⑤ : お腹の調子を整える

ココアには水に溶けにくい不溶性食物繊維が多く含まれています。不溶性食物繊維が水を吸収して、ふくらませて、便をスムーズに押し出す役目をします。有害物質も一緒に連れていってくれるので、腸をきれいに保ってくれるおまけつき。便通もよくなるので、ダイエッターの強い味方です。

ココアの効果を最大限に引き出すチェックポイント2つ

その① : ピュアココアを選んでね

市販のココアパウダーと言われるものには、ミルクココアと呼ばれる砂糖やミルク成分などが含まれているものもあります。砂糖は身体を冷やすので、カカオ100%のピュアココアパウダーを選びましょう。

  • 砂糖の量を自分で調整する
  • 砂糖の代わりにハチミツを入れる
  • 牛乳の代わりに豆乳にする

など、アレンジも可能なので、ピュアココアで続けてみてくださいね。

私もフランスで買ってるのはVAN HOUTEN。ワールドワイドなカカオ100%でこのVAN HOUTENはオーガニック。お菓子にも使えるよ!って箱の裏でアピール中。

BIOはオーガニックって意味です。絶賛アピール中。

その② : 飲みすぎには注意

ピュアココアには、

  • カフェイン
  • テオブロミン

など、自律神経のバランスに影響するものも多く含まれているので摂り過ぎると

  • 疲れやすい
  • 興奮して落ち着かない気分

といった、逆効果になる可能性もあるので要注意です。1日の目安は、ピュアココア5~10gくらいが適量でしょう。

いつもの飲み物をココアに替えて効果を試してみよう

コーヒーやお茶などのカフェインがココアよりも多い飲み物をココアに替えてみるのもいいですね。ココアのカフェイン量はコーヒーの10分の1なので、夜に飲むのもおすすめです。

手足が冷えるし、寝付けないな。

そう思ったら、しばらくココアを1杯寝る前に飲む習慣で試してみてください。冷え性対策&リラックス効果で寝付きやすい体質になるかも。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!右クリックはできませんのでご了承ください。