海外仕事探し【準備編】しっかり想定プランと下準備が最強の戦略

海外仕事探し【準備編】しっかり想定プランと下準備が有利な戦略 日本・世界中で働く

国際結婚に伴い海外で暮らすことになりそう。現地での暮らしで心配なのは海外で仕事探しかも。海外で仕事探しを有利に進めるために準備できることってある?

海外に住むことになった。海外暮らしに興味がある。心配なのは海外での仕事探し。難しそうだな。。。今準備できることって何?そんな疑問にお答えします。

About me ♡

イギリス留学を機に、日本へ出たり入ったりの生活をしています。イギリス→フランス→ベルギー→現在フランス一時停留中。日本での正社員での転職はおそらく6回ほど(数えてないw)フランスやベルギーをはじめとするヨーロッパ圏内を視野に入れて就職活動の経験あり。よって転職ノウハウには自信があります。現在は英語+財務系の在宅リモートを始め、新しいワークライフスタイルで繁栄・拡大中♡

海外仕事探し【準備編】下準備をしっかりすると後がラクです

現在私はこのブログで3カ国(イギリス・フランス・ベルギー)の求人情報をはじめとして、海外在住者でもOKな在宅ワークなど海外でのお仕事情報を発信しておりご好評をいただいております ☟

現地でのお仕事探し情報なので現地の方からのアクセスばかりと思っておりましたが、意外や意外。日本からのアクセスもたくさんいただいておりありがとうございます。海外移住予備軍の方かしら?一時帰国中の方かしら?なんて。ということは日本にいる間にお仕事スキルや準備をしっかりとしておけるじゃなーい?これってとても有利じゃなーい?と思い、今回は予備軍の方向けにその名もTHE必勝 海外でお仕事探しのヒントについてお話しようと思います。

予備軍と申し上げましたが、現地に既に住んでいらっしゃる方にもヒントになるかも?ですのでお時間があれば一通り目を通していただけると幸いです。お仕事探しにお役に立てるかも。

ちなみになぜこうやって海外で仕事探しについて書こうと思ったかを少しだけお話させてください。私は日本でも転職回数が多く、直近では昨年まで住んでいたベルギーでビザサポート付き案件ならば可能ですのでヨーロッパ圏で求職活動をしておりました。いろいろな国の案件をLinkedInや人材紹介会社を通してコンタクトをいただき現地の就職マーケット等のお話を聞いたりしていたのですが、結局フランスに引っ越すことになり、また引っ越すことになるからポータブルなリモートワークを選択しました。転職マーケットのお話を聞くのはこの上なく楽しいのでついつい前のめりになる性格w

だから日本でもかなりの数の人事担当(この間ざっと数えたら25社くらい面接に行ってたよ!恐るべし)や転職市場の方と直接お話する機会がありました。場所を変えてヨーロッパでも同じ感じでその経験から見えてくるのが

基本日本の転職市場と海外の転職市場は変わらない。だから準備することも同じ。

ということ。だから基本的に日本でよりよい条件で転職をするにはをベースにかんがえていただければいいかなと思うのですがやはり海外での仕事探しならではのポイントもいくつかございます。

今回お話するのはあくまでも日本人が日本からお引越しをして日系企業を狙ったり日本マーケットを対象として働くです。現地の大学を卒業し、その社会に適合する専門ディプロマ持って現地企業で働くアクセス権をお持ちの方はまた別のお話なのでご了承くださいね(この記事にはたどり着いてないと思いますが、笑)ちなみに現地企業に就職の際は基本的にその職種専攻や資格が大抵の国では必要です。

お仕事関連の話になると楽しいのと経験=ネタがたくさんあるのでついつい長くなってしまいますが、重要なことを言っていると思うのでお付き合いいただけると嬉しいです。

楽勝な海外仕事探しのためにしっかりと準備すべき6つのこと

その① : キャリアプランを想定する

現地に引っ越して何をするのか?ある程度のキャリアプランを立てておくこと。

  • 日系企業で働く
  • 現地企業で働く
  • 在宅ワーク(リモート)
  • 起業する
  • スキルをオンラインで売る
  • 情報発信をする

お住まいになる国や場所にもよると思いますし、労働許可証にもよりますしね。

お住まいの地域を例に挙げると大都市部なのか、小都市なのかそれによってもプランは変わります。大都市は日系企業勤務をはじめとして上記の例で挙げた全てが可能、小都市は日系企業がないのでそれ以外。

まずはどの路線で行くのかを考えてリサーチをする。スキルを付ける必要があるのならその準備をしていきましょう。地図なき出発はかなりリスキーです♡

その② : 充分な語学力は必須です

これは私も大失敗経験ありです。フランスの小都市に14年前に初めてお引越しをした時、フランス語のレベルはA2でした。私的な甘々な勘違いが命取りでした。

ビジネス英語話せるし、パリなら国際マーケットもあるしまあいけるでしょ?

全滅でしたね。日系の人材紹介会社の登録も門前払い、『A2レベルじゃ紹介できません』って。ある日系企業がローンチをするっていうことで何故か最終面接まで残ったのですよ、ミラクル(笑)で、せっせとパリに行って社長さんと面接で

いやあ、1次ー2次面接をした部下達が面白い人がいるって言うから是非会いたくてね。経歴もいい、人柄もいい。でもフランス語が話せないと仕事にならないでしょ。

単なるおしゃべりしたかっただけらしいというオチつき。まあ交通費全額いただいたし、滅多に入れない建物にあるオフィスだったのでいいですけどお~。ここでやっと気づいた鈍いコな私、ビジネスレベルの現地語いるじゃん。。まあ、他の国ではビザサポート付きの管理職に関しては英語だけでいいっていう場合もあります。どこを狙っていくかによりますが。

充分に語学力は上げられるところまで上げていきましょう。現地語(英語圏じゃない場合は英語もプラスが好ましい)を前提にね。

その③ : 現地での語学学校選びは最速最短を基準に

ちなみに現地で語学学校に通おうと思っている方に経験からひとつご提案です。たいてい海外には、政府や市がしている無料もしくは格安の語学講座があると思うのですが、お仕事で使える語学を第一の目的にするのなら最速最短な学校選び、つまりは少し値段が高くても、少人数そして厳しめで良質なカリキュラムを提供している学校に通うことをお勧めします。

私も安い市民講座風のものに通ったことがありますが、

  • 人数が15-20人くらいと多い
  • 人数をさばくためグループワークが多い
  • さほどレベルアップ条件も厳しくないので伸びているのか不明
  • クラスメートがあまり必死じゃない
  • 高額を払っているのだから元を取らねばという背水の陣的ではないw

人数が多いと気が緩くなる、人間は楽な方に流れちゃう傾向の法則に逆らえないwなど進捗が遅くなります。ぐーんと成長するには環境はとても大事。ダラダラ時間が経つのが苦痛だったのでいくつか語学学校の見学をしてかなりお値段がはる学校に変更しました。そこで出会ったクラスメートは既に働いているか、明日面接なの~と言っている子たちだったのですごく必死で雰囲気も熱いし真剣。先生もそれに応える形で休日もメールでこれを読んでおいてって送ってきてましたね。これだけ押されると真剣にしますし、習得も早いです。

だから、現地学校選びも値段より質を徹底していきましょう。

その④ : 自由なお金を確保=貯金をしておく

仕事探しは運でありタイミングもあります。求人が全く出ない時や起業してもすぐにエンジンがかからなかったり。準備期間にストレスが溜まらないようにすることも大事。もちろん家族の支えもあるでしょうけれど、予め自由に使えるお金があるというのは心にも余裕ができます。

もう一つは、準備期間中にお仕事ゲットに役立つ優良なスキルアップ講座にお支払いができるという強みも。今じゃオンラインでたいていのことは習えます。時間を有効に使って、空き時間などに新しいスキルを身に付ける自己投資が可能になります。

Udemyは世界中の人気講師から語学やExcelやパワポなどいろいろオンラインで学べるので便利 ☟

その⑤ : 最低3年間の職歴をつける

これは以前別の記事でも言った覚えがありますが、もし現地で特に日系企業勤務や在宅ワーク(リモート)を考えているようであれば最低3年の職歴(専門知識や資格があると尚可)をつけておきましょう。

国際結婚組によくあるパターンですが、短期や長期留学をして出会い、一旦しばらく日本へ帰国をしてまた戻ってくるという方が仕事経験がままならないままお引越しをすると苦戦するケースを私はよく遭遇します。結婚は一生もの(基本はね、時と場合によりけりかw)だから少し冷静になってすぐ渡航するではなくタイミングを見計らいながらしっかりと地に足つけて準備をしましょう、もし働く予定があるのであれば。

求人を見るとオフィス勤務の大半は社会人歴3年以上となっている場合が多い。サービス業は違うようですが。現地での日系企業では即戦力を求めているので地道に職歴を固めていった方が後がラクです。

その⑥ : 求人や現地リサーチのクセをつける

日本にいる時から海外居住先の情報をリサーチしておきましょう。どのサイトで求人を探せばいいのか、給与相場だとか、契約に関してなどがわかっていると傾向と対策が見えてきます。

今は求人があまり出ない時期だな。こういうスキルを求めている企業が多い、ちょっと勉強してみようかな。この企業はしょっちゅう求人出してるな。あまり職場環境良くないから続かないのかな?

なんてね。本気で海外で仕事探しするのなら情報収集力にも力を入れていく。これもスキルの一つです。

海外仕事探しはチャレンジ/仕事は収入+αの豊かさを得るもの

冒頭でも申し上げましたが、海外での仕事探しは日本での仕事探しと変わりません。企業勤務や在宅ワークそして自分でビジネスをするのなら、職歴やスキルを丁寧につけていけばいくほどラクになる、選べる。

新天地の海外でお仕事探しをして実際に働くということは勇気ある人ができるチャレンジだと思います。日本と同じとはいえ、他言語を使い、数少ないポジションをゲットしたり、新しいワークライフスタイルを確立したりとちょっと異次元的?そこから得られる仕事をするって本当に学びで新しい人との出会いがあります。それに生活をさらに豊かにする収入というものが得られます。

収入を得ることも幸せなことですが、仕事から新しい事を学び、様々な人と出会い、自分の世界を1ミリでも広げていくのが仕事をする利点じゃないかな。あくまでもその対価であってお金のために働くというのは長続きしないし時間も労力もったいないかなと私は思います。

その境地にたどり着くためにできる下準備をしっかりと然るべき場所で絶えず行っていく。本日お話した項目を参考にしていただければ嬉しい限りです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!右クリックはできませんのでご了承ください。