私達はみんなお姫様/目の前の現実が優しく甘くなる5つの必須項目

princess 世界幸せマインド

みなさま、こんにちは。

本日は私達はいくつであってもどこにいてもみんなお姫様であり、自分を大切にすることの重要性についてお話ししようと思います。

おやおやぶっ飛びおかしなことを言いだしたわ、この人。

そう聞こえてきそうだけれど、ワタクシはいたって真面目、大真面目の真顔でこれを書いておりますので、ちょっと興味があるわという素敵なお方は最後までお付き合いいただけると幸いです♡

自分を大切に扱うのはまずは自分から/外側の世界は内側の反映

むかーし、むかし、女性ならば誰でもプリンセスのお話しに心を躍らせた記憶があるはず。白馬に乗った王子様が私を迎えに来てくれるはずなんてね。年を重ねていくうちに、あれー?現実世界ってそんなに甘くないじゃん!ってそんなこともすっかり忘れちゃうんですけれど。その刷り込みからか、誰かに幸せにしてもらう、大切に扱ってもらうことが価値があることと、重要なこと、自分のプライドを保つことなんて勘違いに繋がっている人は多いのではないかしら?

私は以前からこのブログにて潜在意識が私たちという人間を形成し、体験することを決めているというお話しをしています。潜在意識とはどの人間にも例外はなく持ち備えています。普段私たちが認識している考えが顕在意識に対して、その奥の無意識の領域が潜在意識。9割がたが潜在意識で実は私たちの行動や体験を司っているのが潜在意識です。御興味がおありの方は詳しい説明をこちらをご覧くださいね ☟

https://sekai-asobu.com/ras-1/

この潜在意識に蓄積されたデータをもとに行動を促したり、必要な情報を集めて見せてくれるので、この法則に基づいて考えると、他の誰かに幸せにしてもらうとか、何かいいことが起きないかなという他力本願は成立しないことがわかるはず。そう、幸せにするのは自分であり、いいことを起こすように日々意識して毎日を過ごすべきは自分でしかできないのです。自分の内側が私はダメとかツイてないとか幸せ不足だわと感じている人にはその信念が潜在意識へ指令として送られてその通りの世界が現実として現れるという仕組み。自分の内側が外側の世界=実際に体験する現実の反映です。ということは、私たち自身が私たちをお姫様のように丁寧に扱った結果が外側の世界でもプリンセス扱いということです。

だから、逆を言えば私たちは自分がそうと決めればお姫様だし、いつだってどこでだって始めることができるってこと♪なんか最近ツイてない、イヤな人ばっかに会う、他人から雑に扱われるといった感じの方は必見。どういうことをすればいいのか、目の前に現れる現実が優しく甘くなるのかのポイントをご紹介いたします。

その① : 言葉や繰り返し思うことに気を付ける

自分が言う言葉を一番聞いている人は自分自身です。潜在意識は主語が認識できません。例えば嫌な上司と話したあとに、

何よ、何もわかってないくせに。頭悪いわね。バチが当たればいいのに

と家に帰ってもずーっと思ってたりするとします。例え自分が主語が『上司が』と思っていたとしても、潜在意識には『私は』ととらえてなんもわかってない私なんだ!頭悪いんだ、バチが当たりたいんだね♪オッケー!ってその情報と状況を一生懸命お膳立てしてくれるのです。かなり空気が読めない潜在意識殿 w

だから自分が発する言葉やしょっちゅう思っていることに日頃から意識を向けて気を付けることが必要。優しいツイてる世界を描きたいならばそれにふさわしい言葉を。

その② : 鏡に映る自分に愛ある言葉をかける

みなさんは鏡を見るのはお好きですか?そして映った自分に優しい言葉をかけていますか?鏡の中の自分を見てオッケー出ししている方はそのままGOです。が、しかし、

あらやだ、こんなところにシミが!あ~、年を取ってきたわ。

なんてダメ出ししている、もしくは鏡の中の自分を見るのが苦手と言う方は少しずつでもいつも頑張っている自分に愛ある言葉をかけてみると自己評価上がります、ホント。ほら、毒リンゴのおばあさんだってやってましたよね?この世で一番美しいのはだあれ?って。まあ結局、白雪姫って言われてキレて大暴走する結果となりましたけど (笑) 鏡の中の自分にオッケーって出せる人は自分をまるっと受け入れてリスペクトできているということ。自分がオッケーならば自信が内側から溢れて周りへと伝わります。

私もベルギー&フランスでロックダウンが実施された時期にまっ、いっか外に出ないし、マスクだしって自分をおざなりにしていた時期にかなーりお顔がたるみ、覇気がなくなった時期に鏡見ては自分をバッシングしていた時期があるw その時は本当に生活自体が苦痛で楽しくなくって、唯一外出する買い物時も嫌な店員さんとかに遭遇した (遠き日のおもひで、笑) これじゃいかんって鏡を見る自分に『いちいちかわいいな私』を連呼して気分を上げてたら元に戻りました。それ以降は朝起きて、トイレ行って~って鏡見るたびに『いちいちかわいいな私』を習慣にしているメデタイ人です♡

その③ : ボディケアを念入りに

自分を大切に扱うというのは自己管理を徹底的にすることじゃないかな。ホンモノのプリンセスは侍女がいてしてくれるのでしょうけれど、仕方がない自分でやろうw さきほどの鏡を見る話しにもつながりますが、やはり自分が納得する姿であると気分が上がる=運気も上がる。スキンケアやボディケアを念入りにするもう一つの意味はいつも一緒に頑張って生きてくれている自分の身体に感謝をすること。

年を重ねて衰えるのは自然なことです。でもきっちりとケアをして感謝をしてともに年を重ねると考えれば加齢した自分も愛おしいと思えるのではないかな。身体としっかりと対話して、少しでもいいコンディションに保てるようにしていきましょ。

その④ : 潔く不要なものは捨てる

スイスイとプリンセス街道をまっしぐらに不要な物は禁物です。不要なものとは、もう使わないものとか、本当は好きじゃないけど持っているものとか人間関係もそう。愚痴ばっかりで惰性で付き合っている人と過ごす時間は身体も気分も重くなります。愚痴だらけの情報を潜在意識に蓄積して優しく軽やかに楽しい現実が創り出されるとは到底思いませんよね?好きじゃないものに囲まれた環境で大好き♡と言える世界が広がるとは到底思えない。だから不要な物を見極めて必要ならば潔く捨てる。美しい物に囲まれて生きていくお姫様の環境を自分で与えてあげる必要があります。

その⑤ : 好きな物や美しいと思うものにのみ集中する

みなさまは普段はどのような情報に触れることが多いでしょうか?ニュースかな?面白い動画?ほんわか動物?ドロドロした掲示板w?普段からよく触れている情報が今の自分の心の状態とこれから体験していく現実の雰囲気です。潜在意識は私たちが体験する世界の情報を見せてくれるといいましたが、それが答えです。

ほんわか幸せ話満載が好きな方は自然とそこへ意識が向いて現実化に向けて着々と作業をしています。一方で炎上するようなコメント満載のフォーラムにアクセスしていれば怒りや嫉妬を感じるような世界が待っている。自分を大切に扱うことのひとつに好きな物や美意識に触れる世界を五感を通して吸収することがあります。自分を大事に思うのならば美しい世界にのみ意識を向ける習慣を。

自分がお姫様扱いをすれば周りもそれに同調する

こんな感じでしょうか?私たちはいくつになってもみんなお姫様。そして自分がお姫様と思って真摯に向き合えば外の世界もそれに同調していきます。お釈迦様も言っている。

人は私がこういう人間だと自分で考えるその通りの人となる。

それと異なったものになることはありません。

仏教の開祖 釈迦

まずは自分から、何でもね。先に出したものが後から受け取る現実世界だから♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!右クリックはできませんのでご了承ください。