【7キロ減の教訓】リバウンドなしで痩せるには3つのポイントを押さえるべし

【7キロ減の教訓】リバウンドなしで痩せるには3つのポイントを押さえるべし 美しく痩せる

年末年始ですっかり体重オーバー。リバウンドなしで痩せるにはどうすればいい?なかなか痩せないのが悩みなの。

お正月そして外出自粛などですっかり体重オーバー。どうせ痩せるならリバウンドなしに痩せたいけどどうすればいい?

こういった悩みに答えます。

About me ♡

ベルギー・ブリュッセルで冬の時期(特に1-2月)が暗くて、寒くて、雨が多くて気分的に滅入るのを打破したくて始めたヨガ。最初はオンラインでお家ヨガをしていましたが、その後、現地のヨガ教室にホットヨガとヨガの組み合わせで週3回通うほどはまり、その勢いで2019年に全米アライアンスのヨガティーチャートレーニング(RYT200)を英語で取得。食事制限なしでヨガを中心とした運動で5年間で7キロ落とし、未だリバウンドなし。

【7キロ減の体験談】リバウンドなしで痩せるには体質革命が必要

  • クリスマスだ~
  • お正月だ~
  • 外出自粛だ~
  • リモートワークだ~

動かない、動けないそれでもお腹は減る。そんな状況が多いこの頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

食べ物もおいしいし、暖かいお部屋でまったりとくつろぐのは幸せですよね。が、しかし!!!!動かない分だけ着実に体重やぜい肉に変わっていませんか?

そんなお悩みの方に今日は

この3つのポイントを押さえてリバウンドなしに痩せるを叶える方法

についてお話しようと思います。

私自身もずーっと痩せなくて、痩せても1キロとか2キロで痩せては元に戻るを行ったり来たり。

全部試してみた痩せる方法
  • ファスティングドリンク(←リバウンド)
  • ジム通い(←単調で続かず)
  • 痩せるサプリ(←効果なし)
  • カロリーカットのサプリ(←実感なし)
  • スリミングジェル(←ちょっと効果あったかな?)

ありとあらゆる方法を試しましたが、玉砕でした。

でも、ベルギー・ブリュッセルに住んでいた時にストレス発散と健康維持のために通い出したヨガ教室や自宅でのエクササイズなどで

5年間で緩やかに7キロ減をして未だリバウンドなし

5年間と言っても、最初の1年半で5キロくらい痩せているのであとはゆっくりと維持しながら痩せていった感じです。この時に気づいたことは、

リバウンドなしで痩せるには根本的な体質革命が必要

取り敢えずその場しのぎ的な方法=サプリとかファスティングなどでは一瞬痩せてもリバウンドする可能性が高い。

では、どんなポイントで体質革命をしたらいいのか。押さえるべき3つのポイントを解説していこうと思います。

リバウンドなしで痩せるために押さえておく3つのポイント

ポイント① : 冷え性対策をする

身体が冷えると血流が滞って新陳代謝が悪くなるので痩せにくい身体になります。

リバウンドなしに痩せる体質とは身体が温まりやすいと言っても過言ではありません。ポカポカしているとエネルギーも燃焼させやすいです。とにかく日頃から身体を温めて冷やさない。

足首を冷やさない

  • レッグウォーマーをする
  • オイルでマッサージをする

冷たい物は少な目に

例え夏の暑い時でもぬるい物や温かいドリンクや食べ物を挟みましょう

身体を温める飲み物や食べ物を積極的に摂る

  • 生姜
  • 唐辛子
  • 根菜
  • 玄米
  • ココア     など

お風呂や足湯につかる

ゆっくりとお風呂に浸かる時間がなければ、15分程度のくるぶしまで浸かる足湯でもOK。

お気に入りのアロマオイルを足せば一日の疲れを取ったり、リラックス効果も期待できます。

ポイント② : 筋力をつける

基礎代謝を上げるには筋力をつける運動は必須です。一度筋肉がつくと、ちょっとやそっとじゃリバウンドしにくくなるのです。

筋力をつけるには体幹=コアを鍛えることを重視。

筋トレもいいですが、筋トレは自己流ですると、

  • たくましいムキムキボディになる
  • 正しくできていないと効果がない
  • 筋を痛めるかも

といった可能性があるので先生などの指導があった方がいいと思います。

今はYoutubeでもあるし、私はあまり激しい運動よりもヨガが好きなのでヨガをおすすめしたい!ヨガって筋肉を鍛えるぞ~っていう意図や意気込みがなくても勝手にキレイな筋肉がついている優れた運動なんです。

ヨガはこんなあなた向け♡
  • 激しい運動が苦手
  • どちらかというと動きたくないけど仕方なく筋肉つけるためだから。。。
  • 自宅で運動したい
  • いろいろと準備するのが面倒
  • しなやかな筋肉がついた健康ナイスボディを目指してる

ポイント③ : 糖質をコントロールする

一時期、糖質ダイエットが流行りましたが、まだ続いているのかな?私の意見としては適度な糖質は必要だと思うので完全に糖質をカットする必要はないかなと思います。

糖質を取りすぎると血糖値が上がるので中性脂肪に変わる量が増えるし、肌にもよくないから身体が錆びていく。だから取りすぎは何でもよくないというワケですね。

糖質ダイエットで炭水化物を省く!という指令だったのはやはりお米やパスタなどの麺類は糖質を多く含んでいるから。一般的に女性が1日に摂る糖質は70~130gでいいと言われています。

  • 朝おにぎり1個 糖質30g
  • 昼うどん1人分 糖質58g
  • 夜お茶碗1杯分の白米  糖質55g

これで最大量の130gをオーバーしちゃいますからね。糖質は何も主食だけに含まれているわけではないので、少なくとも1食分は炭水化物を減らした方がよさそう。おやつにドーナツ1個とか食べたら即アウトwwwwちなみに一般的にシンプルなドーナツでも糖質は30gくらいあると言われてます。

炭水化物を減らした分、野菜や肉や魚、適量の脂質はOKなのでそこで調整しましょう。

リバウンドなしの痩せる身体作りは食生活の見直しも重要です。

  • 間食が多い
  • 食べる量が多い
  • 偏っている(炭水化物祭りとかね)

カロリー計算も大事ですが、何を食べているか(何を体内に摂り入れているか)を意識する方が大事だと思います。

リバウンドなしの痩せる体質になると効果は継続するからあとは楽勝

運動はメンドクサイ。おやつは止められない。どうしたらいいの~?

そんなあなたに朗報です。

一度、リバウンドなしの痩せる体質になると多少太ってもすぐ戻るといううれしい効果があります

代謝自体が変わるので、お正月にちょっと食べすぎちゃった!としても、ちょっと元の生活に戻れば身体も形状記憶しています。

しかも一度この習慣に慣れると身体が欲しいと感じるものが変わるのでおやつも適量になるし、運動も定期的にしないと気持ち悪くなります。

痩せるだけではなく健康的になるので気分も身体も軽やか。リバウンドなんて絶対嫌だわ~って自ら進んで健康的な生活をするようになるから大丈夫♡

まずは今日お話した3つのポイント

  • 冷え性対策をする
  • 筋力をつける
  • 糖質をコントロールする

を毎日に摂り入れてみてください、みるみる身体が変わってきますから。

一旦、峠を越えればあとは楽勝です。今ひと踏ん張りするか、それとも体重記録を更新するか?あなた次第です♡

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!右クリックはできませんのでご了承ください。