英語を使う求人サイト3選/外資系・グローバル企業から直接スカウトサービスもあり

英語を使う求人サイト3選/外資系・グローバル企業から直接スカウトサービスもあり 日本で国際派

英語を使う仕事の求人がまとめて見れるサイトがあればいいのに。それぞれのサイトの強みは何?どうやってそのサイトを使えばいいの?

英語を使って仕事がしたいけれど、求人がまとめて見れるサイトがあると便利だな。どのように活用したらいいの?

こういった疑問に答えます。

About me ♡
イギリス留学を機に、日本へ出たり入ったりの生活をしています。イギリス→フランス→ベルギー→現在フランス在住。日仏英のトリリンガル。転職エージェントを利用して外資系企業の転職に成功。ヨーロッパ系企業2社の経理財務部にで合わせて約8年間勤務していました。

英語を使う求人がまとまったサイトを活用すべき3つの理由

英語を勉強している人の中で断トツに多く聞くのが

  • 英語を使った仕事をしたい
  • グローバルな環境で働いてみたい

という目標です。

外国の言語が一つでもできるとキャリアパスも世界も広がるので、それを使って新しいワールドワイドな環境でチャレンジしてみたいというのは当たり前ですよね。そこで出てくる疑問、

どうやって効率的に英語を使った仕事に転職できるだろう?

ということです。いろいろ方法はありますが、主な方法は

  • 気になる企業サイトの採用ページをまめにチェックする
  • 転職エージェントに登録する

そして今回お話しするのが、

  • 外資系企業やグローバル企業の求人をまとめたサイト

これらのサイトの利点は主に3つあります。

利点① : 求人を自分で探せる

求人サイトには

  • 企業が直接求人を掲載する
  • 転職エージェントが受け持っている案件が掲載されている

の2つのパターンがあります。

この英語を使う求人サイトにアクセスすれば2つ同時に気なる求人を見ることができて、応募やコンタクトを取ることが可能です。

利点② : 企業から直接スカウトサービスがある

会員登録をしてサイトに履歴書を登録しておくと、企業や転職エージェントからお声がかかるスカウトサービスが利用できます。

このスカウトサービスは
  • 匿名公開だから安心
  • 企業の場合、書類選考が免除になる可能性もあり
  • 無料のサービス

だからどんどん利用していきましょう。

利点③ : 海外の仕事も探せる

これらのサイトのすごいところは、活動フィールドが日本にある企業だけでなく、

海外の求人も見つかるところ

働いてみたいなと思っている国があれば、国で検索すると該当企業が出てきます。

英語を使う求人サイト3選/外資系・グローバル企業狙いは要チェック!

Daijob. Com

Daijob. Com

英語を使った外資系企業やグローバル企業への転職アドバイスやコラムなどの情報も内容が濃い。

定期的に外資系やグローバル企業の転職希望者向けのイベント『キャリアフェア』を開催している(オンライン開催もあり)。直接企業の担当者と話せる合同企業説明会です。

  • Google
  • Facebook
  • LinkedIn

のアカウントがあれば簡単に登録できます。

履歴書登録には簡易履歴書もしくは詳細項目を入力した履歴書が選べます。

転職お祝い金キャンペーンも実施していることもあり。

Career Cross

Career Cross

求人を掲載中の企業のABC順の一覧があり、とても便利です。

在日外国大使館などの求人もあり。

地域別や職種別の平均給与レンジなども公開していて参考になります。

こちらのサイトも

  • Google
  • Facebook
  • LinkedIn

のアカウントがあれば登録が簡単にできるようになっています。

Japan Times

Japan Times

英字新聞で有名なJapan Timesの求人サイト。

Japan Timesの得意先の企業の内部を紹介する『企業レポート』のコーナーがあり、気になる企業のオフィスの様子などが知れるので応募の判断基準に利用できます。

正社員だけではなく、英語を使った外資系やグローバル企業の派遣求人も検索が可能です。

英語を使う求人サイトでスカウト狙いなら履歴書を詳しく書く

このような英語を使った外資系企業やグローバル企業の求人がまとめて見れるサイトに登録する最大のメリットは

企業から直接スカウトが来ること

私も登録していて3社ほどお話をいただきましたが、この結果は

履歴書の公開を詳しい内容で行ったから

登録したばかりの頃は、

バレたらどうしよ~。恥ずかしいなあ。。。

そんな風に遠慮しながら、ざっくり履歴書の公開しかしていなかったのですが、履歴書の公開内容をより細かいものにしてから、転職エージェントや企業様から連絡をいただけるようになりました。

履歴書を公開してスカウト狙いなら、詳しい履歴書を練って書くこと

これが私の経験上での鉄則です。

サイト上で書類選考を通過できるようにしっかりと履歴書を作り込んでみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!右クリックはできませんのでご了承ください。