【重要】偽Amazonからのフィッシングメール/ドメインや差出人は偽装できるから要注意

【重要】Amazonからのフィッシングメール/ドメインや差出人は偽装できるから要注意 リアル世界生活

Amazon Japanから24時間以内にアカウント凍結の警告メールが送られてきた。これっていわゆるフィッシングメールってやつかな?こういう場合ってどうしたらいいんだろう?

Amazon Japanからの突然のメール。これって本当かな?と心配になる。
どうしたらいいんだろう?

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている私は、

イギリス留学を機に、フランス、ベルギーなどで海外生活を経験。現在はフランス在住。本が好きな私は本当にAmazon先生には、お世話になっております。世界中の通販やオンラインツールを駆使し、海外生活を満喫中。

【重要】Amazonからのフィッシングメールはクリックしないよう要注意

こないだ突然、Amazon Japanから、

お客様のアカウントに第三者がログインしました。

24時間以内に情報を更新してください。

ってメールが来たのです。

24時間以内に

ってマジックワードだと思いませんか?

いつもと違う手口に一瞬、焦った私です。

いつも、こんなメールがしょっちゅう届いていますが、

私、Amazonプライム登録してないけどな。。。

って思いながらスルーしたり。

あなたのアカウント情報を要求する!

みたいな変な日本語翻訳メールに、

要求する!って人にお願いする態度じゃないしな。。。

って、ガン無視したりなのですが、

  • 今回はいつもと違う手口だった
  • 日本語が普通だった
  • 送信元ドメインがdownload-amazon.co.jpだった

ので一瞬ひるみました。

メールやSMSの送信元の差出人やドメインは偽装できますので要注意です。

Amazonからのフィッシングメールを受け取った時に確認する方法

結論から言えば、

Amazonから公式サイト外で、

個人情報(ログインパスワードやカード情報など)を要求されることはありません。

でも、もう24時間以内に回答しないとアカウント削除されちゃう!!!

って焦って不安になったら、

stop-spoofing@amazon.com

に通報して確認してみてください。

方法は、

通報/確認の手順
  1. 該当するフィッシングメールを添付にする
  2. メールにて上記アドレスに送る

万が一、添付にできなくても、転送すればいいそうです。

Amazonのフィッシングやなりすましメールに関する詳しいページはこちら

このメールアドレスは、世界中のAmazon共通のようで、

私はこのアドレスをAmazon Japanのサイトから情報を得たので日本語でメールしたら、

Amazon Franceからフランス語でお返事がきました。

自動返信のメールでしょうけれど、

通訳ツールを使ってフィッシングメールの件か。。。って対応してくれたんでしょうね。

返信が15分以内にすぐきました、すごい!

不審なメールは報告すると、Amazon側もセキュリティ部門に転送するそうなので、

データとして役立てるようなので、心配なら送って確認してみましょう。

差出人やドメインに騙されるな!不審なメールはクリックする前にまず確認

フィッシングメールに引っかからないための原則

メールやSMSで、個人情報の入力はあり得ない

ということをしっかりと覚えていれば大丈夫です。

最近ではAmazonだけではなく、

  • ECサイト(楽天など)
  • 銀行(三井住友や三菱UFJなど)
  • カード会社(JBCや三井住友カードなど)

などから同様のフィッシングメールが届いていますね。

GmailやYahoo!メールなどの大手メールサービスは、

自動的に『迷惑メール』に振り分けてくれるのでいいですが、心配になることもあります。

そんな時は、その企業の公式サイトにフィッシングメールの参考例やお問い合わせ先が掲載されています。

参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!右クリックはできませんのでご了承ください。