人生は一度きりの本当の意味がわかると自分を大切にせずにはいられない

人生は一度きりの本当の意味がわかると自分を大切にせずにはいられない 海外暮らし日々徒然

みなさま、こんにちは。

About me ♡

イギリス留学を機に、日本へ出たり入ったりの生活をしています。イギリス→フランス→ベルギー→現在フランス一時停留中。次はどこへ行こっかなのノマド人生。美容と健康オタク。目指すは年齢不詳の素敵な女性♡

人生は一度きり。だから悔いのないように生きよう。

よく聞く言葉ではないしょうか?私はここ数年ひしひしとこの言葉をかみしめ、なんだかこの意味って実はこうなのでは?と腑に落ちた感じがします。

ちょっとスピ系の考えが混じるので苦手な方はスルーしていただいていいのですが、日本人に根付いている考えでもあるので一概にスピ系~?ドン引き~とはいかないんじゃないかしら?なんてね。

人間はもともと魂であり、輪廻転生を繰り返しています。この魂は肉体というボディスーツ=着ぐるみを選んで、人生60年とか100年とかその人によって違いますが一生を過ごします。このボディスーツは1度きり使用可能。次に生まれ変わった時は違うボディスーツを選んで全く違う人生設定を生きることになります。

肉体だけではなく、家庭環境や出会う人、訪れる街や仕事といった付属のものもこの肉体では一度きり。つまり私でいうとHaz-kiという人間設定でこの外見や体験することは一度きりということ。

私が最近めちゃくちゃパッションと時間をかけていることのひとつに自分のこの肉体を大切にメンテしてあげよう。そして魂が一番喜ぶ体験をさせてあげよう。ということに全神経集中しています。アンチエイジングとかそういうレベルの話ではなく、必然的に一度きりの肉体を大切に扱いベストを尽くすのは当たり前というのが前提です。肌や身体が喜ぶことをしてあげる。体験させてあげる=自分を愛でる。こうやってこれから生きていくと決めたんですよね。

だから、イヤなことをいつまでもウジウジ考えたり、どうでもいいネタや噂話とか愚痴に付き合ったり、そこそこの好きなもので我慢したり、自分の本心をごまかしたり、ぼーっと無駄な時間を過ごす毎日だったり、したいことを何かのせい(年齢とか境遇とかね)にしてあきらめたり、自己否定とかそういうことを一切しなくなりました。自分に対して失礼ですからね。

時間=この命は有限であり、世界一大事な私たちに素晴らしい人生を。こうやって生きていく覚悟♡とても大事ではないかなって思います。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!右クリックはできませんのでご了承ください。