【重要】海外で仕事が見つからない時の4つの見直しポイント

【重要】海外で仕事が見つからない時の4つの見直しポイント 日本・世界中で働く

海外在住で仕事を探しているけれどなかなか見つからない。海外で仕事を見つけるために大切なことは何だろう?海外で仕事をしてみたいので準備をしているので心構えが知りたい。

海外で仕事を探しているけれどなかなか見つからないから打開策を知りたい。海外で仕事を探す時の心得が知りたい。こういった疑問に答えます。

About Me ♡

イギリス留学を機に、日本へ出たり入ったりの生活をしています。イギリス→フランス→ベルギー→現在フランス一時停留中。日本での正社員での転職はおそらく6回ほど(覚えてないw)フランスやベルギーやイギリスをはじめとするヨーロッパ圏内を視野に入れて就職活動の経験あり。よって転職ノウハウには自信があります。現在は情報発信や英語+財務系の在宅リモートを始め、新しいワークライフスタイルで繁栄・拡大中♡

海外で仕事が見つからない時は一度チェックしてみるポイントがある

私のこの『世界中を庭のように優雅に遊ぶ方法』のブログで断トツ人気なのが仕事関連。最近は特にすごいアクセスで職探しのシーズンなのかな?わからないけどw

  • 日本での国際的な仕事探し
  • 海外での仕事探し
  • リモート在宅ワークの仕事探し

これらについてこのブログでは私の実体験と華麗なる (笑) 転職回数や面接回数のデータを元に学んだことをリアルに書いております。

気になる方は下記のカテゴリーから見てみてね ☟

フランスで仕事と求人を探す/日本人向け求人情報サイト7選

海外で仕事を探すということは大きなチャレンジの一つだと思います。日本での仕事探しよりも様々な要因でちょっと難易度アップ的な海外での仕事探し。

  • 言語の問題 
  • 居住地の問題
  • 求められているスキルの問題
  • 失業率が高い国も多い
  • 現地人との競争 などなど

こういった背景からなかなか海外で仕事が見つからない!と思っておられる方いるのかも?と思い本日は海外で仕事が見つからない時に一度立ち止まって見直すことについてお話したいと思います。

海外で仕事が見つからない時の4つの見直しポイント

その① : 求人の傾向/動向をしっかり把握しているか?

海外で仕事を探す時にまずしっかりと押さえたいことがこの項目『求人の傾向/動向』。そもそもそこを知らずして時間も労力も無駄のない転職活動はできません。

チェック項目
  • 自分が探している地域に求人は頻繁に出ているのだろうか?
  • 自分のスキルや経験にマッチした仕事があるのだろうか?
  • どんなスキルや経験があれば有利なのか?
  • どんな職種が多いのか?
  • どんな雇用形態が多いのか? 
  • 日本人に有利な仕事はあるのか?   などなど

今後の戦略を立てるためにもじっくりと現地の求人サイトを見てみる。最低1週間に一回、しばらく3カ月くらい経てばある程度データが集まる。集めたデータをしっかりと分析してどう動くかの計画を立てましょう。

その② : 戦略は立てているのか?

先程の求人の傾向/動向を分析したら、今後自分はどんな仕事を狙っていくのかをあらかじめ想定していく。

海外の大都市と地方都市とではかなり戦い方が異なります。そしてご自身が持っている語学力やスキルや経験によっても変わってきます。現在の自分の状況や環境を照らし合わせてどこを狙っていくのかをできるだけ挙げてみる。これが地図になりますからね。

例えば私のケースですが、ベルギー・ブリュッセル(大都市、国際都市、日系企業あり)とフランスの今住んでいる超地方都市 (国際的な企業なし、日系企業なし) での転職活動を例に比較して見てみますね。

大都市ブリュッセルで想定できるターゲット
  • 日系企業
  • 現地企業の日本向けなどの国際部門
  • ビザサポートありの近隣諸国での日系企業
  • リモート在宅ワーク
  • 起業
フランス超地方都市で想定できるターゲット
  • パリにある日系企業 (通勤が難しいので単身赴任)
  • 現地企業 (国際部門など関係なしで普通の国内部門もしくは地域密着型)
  • ビザサポートありの近隣諸国での日系企業
  • リモート在宅ワーク
  • 起業

このような感じでどんなターゲットが想定できるのかをまずは絞り出して転職活動をしたり、準備をしていくべし。やみくもにするより無駄な動きがありません。日系企業勤務しかない!と一択で地方都市の方が転職活動をしていくと正直なところ不可能に近いし、時間がかかってモチベーションが下がるし、結果も出ないのでターゲットはありとあらゆる方向性で見ていく必要があります。

その③ : 自分の今のスキルだけでやみくもに活動を続けていないか?

  • 職歴が少ない (継続的に就労経験3年未満など)
  • 特別なスキルがない
  • 資格がない
  • 現地の言語がビジネスで使えるレベルに達していない

こういった方が海外で仕事を探すとなると未経験OKのポジションだと思います。アルバイトや接客業であれば未経験もあるとは思いますが、なかなか現地企業やオフィスワークや特定の専門職は難しいかも。現地企業だと語学力はもちろんのこと、国によってはフランスのように専門資格 (職業訓練) が必要な場合もあり。

特別なスキルや資格が現在ないのであれば、転職活動をしながら、もしくは一旦活動は脇に置いてその資格・言語を身に付けることを視野に入れた方が早いと思います。転職活動をしていない時間はスキルアップや語学力アップに時間を注ぐ!これくらいのガッツでね♡ とりわけ地方都市の方は語学力アップを優先で考えた方がよさそうです、現地語ができないと応募する案件すらないので。

職歴はあるといった方もなかなか仕事が見つからないのであれば、仕事を探しながら何かアピールポイントになるような資格取得や他の方法はないのかを同時進行していく。スキルや経験ってあればあるほど有利。立ち止ってはいけませんよ~。ないのなら足せばいい!これを忘れずにいきましょう。

その④ : 選り好みをし過ぎていないか?

なかなか海外で仕事が見つからないのであればその期間は収入も職務経験もゼロです。例えば気になるポジションだけれど雇用形態がアルバイトや期間限定といったものでも飛び込んで一度やってみるのもアリだと私は思います。あれはいやこれはいやと言っているとなかなか見つからないというのもあるんじゃないかな?今いろいろな要因でただでさえ日系企業勤務などの日本人にとって有利な海外での仕事は以前と比べて減っているのは事実。アルバイトでも経験を積んで、また新たにいい案件が出たらそちらへ移るというフットワークの軽さも必要。気になるのなら迷わずダイブ!この軽さが次へと繋がると私は経験上思います。

大事なことは視野を広げて海外で賢く仕事を探す/一択の依存は危険

海外で仕事が見つからない理由というのはいろいろあると思います。地方都市は必然的に都市部より不利。これは紛れもない事実。マーケットが狭いためそもそも職の数が少ないという理由から現地の人でも仕事がない人いますからね。でも、機転を利かせてじゃあ他にどんな可能性があるだろう?という広い視野であらゆる可能性を試すといった視野の広さが必要。海外で仕事をするといった時に恐らく大抵の人は『企業で正社員として働く』の一択になりがち。でも今は私のようにフリーランスでリモートで日本や他国と仕事をすることも可能だし、情報発信をして収入を得ることも可能。インターネットをうまく利用して自分の得意なことで起業も可能な時代です。一つのターゲットに偏らず広い視野で物事を見て、できることは全部試してみる。これが豊かなワークライフの秘訣だと思っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!右クリックはできませんのでご了承ください。