有益なフランス語の先生/講師を見つける5つのチェックポイント

有益なフランス語の先生/講師を見つける5つのチェックポイント フランス語

フランス語を習おうと思っているけれどいい先生に習いたいな。どんな先生がいいかな、見分け方ってある?フランス語が早く上達する先生の特徴ってあるの?

フランス語をスクールで習おうと思っているけど、いい先生の見分け方のポイントを知りたい。

こういった疑問に答えます。

About me ♡
イギリス留学を機に、日本へ出たり入ったりの生活をしています。イギリス→フランス→ベルギー→現在フランス在住。日仏英のトリリンガル。30歳を越えてから、A.B.C(アーベーセー)の一からの超初心者レベルから始めDELF B2取得。英語もフランス語も語学学校通い、通信教育、ラジオ講座、通訳学校、オンライン、カフェレッスンなどありとあらゆる学習手段を試しました。パリ、ブリュッセルでもフランス語コースに参加したことあり。

有益なフランス語の先生/講師を見つけるのは上達への近道

フランス語を勉強するのに、おそらく多くの人が一番考えるのが、フランス語スクールの通学もしくはオンライン講座ではないでしょうか。

どこのスクールにしようかな~というのもありますが、

どんな先生がいいかな?とじっくり検討するというのも大事です。

長いお付き合いになるかもしれない先生との相性が合わないと

  • 上達の速度も落ちる
  • フランス語学習に挫折する
  • モチベーションが上がらない

といった弊害にもなる可能性があります。

やはり、フランス語の上達の道のりは長いので、楽しくてもっと知りたい、学びたいという気持ちが続かないとなかなか難しいからです。

それに、

  • 留学
  • ワーホリ
  • フランス移住

などの、出発時期や目的が決まっている方にとっては、

いち早く確実にフランス語を身に付けたいというのが正直なところですよね?

だったら、評判のいい学校ももちろんのこと、

あなたにとって有益なフランス語の先生と一緒に学ぶということもとても大事です。

では、どんな先生が有益なのか?もちろん好みは人それぞれとは思いますが、

私が長年日本でのフランス語学習をしてきた中で、そして英会話スクールも参考になると思うのでそれも踏まえて、これが生徒たちがモチベーションを保って、フランス語の上達サポートしている人気の先生の特徴を分析して、

有益なフランス語の先生とは?

をお話したいと思います。

有益なフランス語の先生の5つのチェックポイント

ポイント① : リピーターやファンがたくさんいるか

  • 人気の先生
  • リピーターの生徒が多い先生
  • いつも生徒が話しかけている先生

はやはり、それだけの理由があります。

  • 面倒見がいい
  • 生徒とコミュニケーションをよく取っている
  • 授業が面白い
  • いろいろ勉強法を教えてくれる
  • 引き出しが多い

などなど、生徒のみなさんが、

あの先生から習いたい、とっても授業がためになる。フランス語がとても楽しい。

そう思っているからリピーターやファンができる。だからそれも目安になります。

ポイント② : 教えるパッションや喜びを感じられるか

教えることが好きというフランス語の先生は最強だと思います。やる気とか情熱って人に伝わるものです。私たちのモチベーションも自然と上がり、学ぶ速度も上がってきます。

正直な話ですが、日本にいるフランス語スクールの先生は、十年以上日本で先生をしている方も多いです。その中でも、すごく熱心で、愛があふれる先生がいる反面、残念なことに、

すっかり慣れてダラけてしまって、あの頃の志や情熱は何処へ?

というフランス語の先生がいるのも事実です(辛口ごめんね、でも本当だし、いろいろ語学教師の裏話も知ってるから。。。)まあ、十数年同じことをしているとそうなるのもわからなくはないけれど。

でも、よく考えてみてください。私たちは義務教育ではなくお金を払ってフランス語スクールに通ってるので、大切なお金と時間は最高のフランス語の先生に喜んでお支払いした方がいいですよね。

ポイント③ : クラスの雰囲気は活気があるか

真面目なクラスでも、みんな真剣で充実してるクラス

意見や発言がよく出るクラス

和気あいあいで笑顔が絶えないクラス

その雰囲気って先生のキャラや進行にもよります。

クラス全体の雰囲気が暗いとか重いのは授業自体がつまらないとかダレてしまっている可能性が大です。

ポイント④ : 生徒が質問しやすい雰囲気か

やはり質問がある時に聞くべきはフランス語の先生ですよね。

授業が終わった後などに聞ける雰囲気だとか、何か質問があれば聞いてねという先生だと何かどこかでつまづいた時に安心できます。

いつも授業が終わった瞬間消えている。。っていう先生はちょっと質問しづらいかも。

ポイント⑤ : 授業はワンパターンじゃないか

  • クラスの雰囲気
  • クラスの生徒のレベルやキャラ

これらによって、授業内容や構成を変えてくれるフランス語の先生ってやっぱりプロだな~と感動します。

先週に勉強したところで、みんな聴き取りがあまりできてなかったから今日は聴き取り強化でいくよ!

などとクラスや出来具合によって臨機応変に授業の引き出しが多い先生はちゃんと生徒たちと真摯に向き合ってくれているのを感じますよね。

そういう先生だからこそ習いたいって思うし、生徒側も結果がでます。

なんか違うなこのフランス語の先生?と思ったら軽やかにチェンジ

有益なフランス語の先生の5つのポイントを挙げてみましたが、その人それぞれで好みがあると思います。でも、人間の直感ってすごく正しくって

うん?このフランス語の先生、なんか違う。。授業がおもしろくない。あんまり合わないかも。

そう思ったら、すぐにチェンジすればいいと思います。

私も一度、某フランス語スクール体験入学でお邪魔した時に、

  • 先生のご機嫌がナナメだったのか?ムッスリ
  • 淡々と教科書に沿って授業
  • 生徒のみなさんもシーンとしていて
  • そして淡々と60分が終わっていった

そんな授業に参加したことがあります。

後ほどクラスの方に聞いた話ですがその日の授業がそうだったのではなくいつもそうとのこと。

私はイヤだな~、そんなやる気のない先生と一緒にフランス語を勉強するの。

私はそう感じたので、私の直感に従って別のスクールに行きました。そういう授業がいいと思う人もいるし、この先生がいいという人もいるので一概には言えないけど、少なくともパッションやこれからも頑張って通いたい!って思うような授業の方が楽しいし続くと思う。

大事な時間とお金を払ってフランス語を勉強するのだから、フランス語の先生選びもベストにこだわって選んでいきましょう。それがフランス語の上達への近道です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!右クリックはできませんのでご了承ください。