フランス女性のマウンティングに苦笑/その態度が既に負けている

sekai-asobu 海外暮らし日々徒然

みなさま、こんにちは。

About me ♡

イギリス留学を機に、日本へ出たり入ったりの生活をしています。イギリス→フランス→ベルギー→現在フランス一時停留中。次はどこへ行こっかなのノマド人生。美容と健康オタク。目指すは年齢不詳の素敵な女性♡

現在フランスに一時停留中なのでフランス人とどっぷり久しぶりに関わり思うこと。私いろーんな国の人々と出会う機会がございましたが他国よりもフランス人女性(特に20-30代くらいかなあ)は女性間の競争意識が強く、マウンティングしてくる割合がお高めかなと。私はあまり〇〇人だからこう!というお国によるカテゴリー分けは好きじゃないのですが、割合的に多めに感じたという点で今回はお話しますね~。

フランス人夫の仕事の関係で出会う一見さんの女性とか上から目線的な話の進め方をする人もいるし、仕事は何をしているの?人生のこれからのプランは?とか自分の自慢話も織り込みながら端々にアグレッシブさが伝わってくるキャリア系(笑)から始まり、店員さんとかで上から下まで見てくるお行儀の悪い人(←私はこういうのって卑しいと思う、小さい頃からそういわれてきたので)とかいろいろな手法からマウンティングを感じます。

私がいつも心の中で思う事。

マウンティングしてる時点でもうそっちが負けてるけどな。

勝ち負けじゃないですから、比較している時点で他者の粗さがしをしたり、勝ちポイントを探しているマインドがもうルーザー決定w 私は基本的にそれぞれが輝ける所やポイントで輝けばいいと思うし、勝ち組とか負け組とか比較しようがないのにしている時間や労力がもったいないと思うので興味はないですが、こういうマウンティングに苦笑しながら心の中で

そんなヘタレマインドのあなたごときが私をマウンティングするなんて100万年早いわ。

なんて思ってしまう、ちょっぴりお腹が真っ黒い私 (笑) こうやってたくましくなっていくのですね in海外生活。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!右クリックはできませんのでご了承ください。