海外地方都市/田舎在住の仕事探しは転職と在宅ワークの二刀流でいくべし

海外地方都市/田舎在住者の仕事探しは転職と在宅ワークの二刀流でいくべし 在宅ワーク(リモート)

海外地方都市/田舎在住の私はどうやって仕事を探せばいいの?正直言って、現地企業の職探しに苦戦中だわ。在宅ワークの方がいいかな?迷うわ。

海外の田舎/地方都市在住の仕事探しで効率のいい方法は現地企業への転職活動それとも在宅ワーク?どうすればいいかわからない。こういった疑問に答えます。

About me ♡

イギリス留学を機に、日本へ出たり入ったりの生活をしています。イギリス→フランス→ベルギー→現在フランスド田舎街在住。フランスとベルギーにて職探しを経験し、現在はクラウドソーシングサイトを通して企業様の財務系の在宅ワークと同時に自分で稼ぐシステムも構築中。目指せお家オフィス拡大と繁栄♡

海外地方都市/田舎在住者の仕事探しの攻め方/企業転職それとも在宅ワーク?

海外在住で仕事探しをする。都会であればおそらく時間をかければほぼ100%仕事が見つかる可能性が高いと思います。(日本人コミュニティがあればなにかしらほぼほぼいけるでしょう)

しかし海外地方都市もしくは田舎にお住まいの日本人の方にとって仕事探しというのは時に思うようにいかないことがあるかもしれません。私も現在はフランスのアルデンヌ地方在住、アジア人もほとんどおらず、何も産業が栄えておらず、そして国際マーケットとはかけ離れております(笑)

日本企業や国際的な企業がある大都市だと日本人向けの仕事や言語と専門知識・職歴を武器に国際企業で働く機会があるのでいいのですが、海外地方都市/田舎における日本人の仕事探しは、

  • 現地の人でさえ仕事がない場合あり
  • その国(地方)の雇用を守らないといけないため外国人は後回し
  • 言語の問題
  • 企業も少ない

これらの理由から超難関お受験並みの求職活動の可能性もなきにしもあらず。

現在小さな田舎町に住む私はアジアとリモートワークしておりますが職探しで感じたこと、そして海外地方都市/田舎在住者の仕事探しの攻め方はこうした方がいいなと気づいたことを経験から本日はお話したいと思います。題して、海外地方都市/田舎在住者の仕事探しの攻め方は転職活動と在宅ワークの二刀流でいくべし企業への転職活動と同時に在宅ワークも攻めていくという戦法が長期的に見てかなり有効です。どちらか先に見つかった方をとりあえずすればいいと思います。

在宅ワーク(リモート)の始め方がわからないという方はこちらの記事をどうぞ☟☟☟

海外地方都市/田舎在住者の仕事探しは企業転職と在宅ワーク二刀流でいくべき3つの理由

田舎は土地はいっぱいあるよ

理由① : . 海外地方都市/田舎の仕事探しは長期戦

先程も触れましたが、海外地方都市/田舎の企業での仕事探しは容易くない。すなわち、長期戦になるかもということです。企業勤めだけを狙っていくとすぐに見つからない、活動をあきらめる。すると仕事自体を探すのがイヤになります。でも、在宅ワークと同時並行で行うともしかしたらちょっとした在宅ワークが見つかるかもしれません。多分、現地企業の働き先を見つけるよりも楽かも。

まず保つべきは働くことに対するモチベーション。だから在宅ワークなり何かやってみる仕事があるとそのモチベーションは消えない。その仕事へのモチベーションを保ちながら企業への転職活動も根気よく続ける方が気分的にも楽です。

理由② : あせらずに仕事探しができる

先程の仕事へのモチベーションの話と似ていますが、収入が欲しいという動機から仕事を探しているのであれば、在宅ワークから収入があれば気持ち的余裕も違うのであせらず冷静に職探しができます。

心(懐?)の余裕は冷静な判断力が保てます。あせっていると、ブラック企業とかつかみかねないですから。だから転職活動の時もゆっくりと求人や条件を吟味してベストのところで動く!企業への転職はせっかくですからいい条件で長く勤められる会社の方がいいですからね。

理由③ :  最終的に働き方を選択できる

企業で働いても、在宅ワークで働いても、最終的に自分の好みに合った働き方を選択すればいい。

  • 在宅ワークから始めて収入も充分確保できるというスタイルが好きなのか
  • 企業で安定して働きたいのか

二刀流で仕事探しをして試してみれば最終的にどちらかを選択できます。

海外地方都市/田舎在住者で企業勤めをする時は本当に無理はないかを問う

海外地方都市/田舎在住者で在宅ワークではなくて安定して社会保障もある企業勤めの方がいいという方もいらっしゃると思います。企業勤めを決める時いひとつだけ気を付けるべきことがあります。

その仕事は毎日通勤して無理はないか?

ということです。職場が近場だといいのですが、例えば、あまりにも仕事がなさすぎでようやく見つけた仕事が通勤に1時間30分かかるところだったという場合。しかも週5日勤務。車通勤ならまだしも電車通勤とかだとかなりキツイと思います。贅沢は言ってられないとおっしゃるかもしれません。でもブリュッセルにいた頃、地方から電車通勤で1時間30分かかる同僚がいましたが、これは体力的に長年続けられない~っておっしゃっていました。
頑張りすぎず身体に無理がないように、長期的に見て無理がない職場探しを冷静に見つけた方がいいと思います。身体が資本ですからね。自分を大事に♡

海外地方都市/田舎在住者の仕事は在宅ワークでも企業勤務でもフレキシブルに

どうしても、企業勤めしたい~!どんな条件でもいいから!

ひとつの選択肢にこだわりすぎると逆に疲れてしまいます。私の1回目に今住んでいるフランスの同じ地域に住んだ時にしばらく仕事探しをしていた経験上から言えることです。なかなか見つからないと気分的に萎える→落ち込んで生活自体が辛くなる。まあ、どの程度の地方都市なのか、大都市からどれくらいの距離かにもよりますが。

今この時代の波に乗って、企業での就職先が見つかればいいな、でも在宅ワークをしばらくするのもいいかも的な柔軟で軽いフットワークで新しい働き方や道を自分で切り拓くのもいんじゃないかな。長い人生です、最も心地がいい働き方を選びましょう。私の場合、今回のフランス滞在において二刀流で探そうと思っていましたが在宅ワークが見つかったので企業の求職活動はしていません。

  • 通勤にかかる時間や労力を他の仕事に充てた方が長期的に見て収入は見込める
  • 現地企業で近くで勤められる仕事がなさそうだった
  • 将来的にパソコンがあれば持ち運べる仕事
  • 時間的に融通がきく

そう考えたからです。何でも好みがあります、少しずつトライ&エラーをしながら自分の理想に近づけていくのもひとつの方法です。

地方都市や田舎の不便さ、選択肢のなさに時には嘆きたくなることもあるでしょう(私も凹む時あるよ♡)でも、絶対突破口を見つけられる!なぜならみんながんばって前向こうとしてるんだから。負けずに最後に笑うのはワタシ♪とたくましく生きていきましょう。働き方は一つじゃないということを念頭に二刀流で活動して欲しい仕事を手に入れていくのです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!右クリックはできませんのでご了承ください。